オープンマインドノート

のろのろウェブログ改め。アサハカナコトヲボヤキマス。


フィードメーター - のろのろウェブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/07/01 [Wed]

電子看板デジタルサイネージ

大日本印刷(DNP)が42型ディスプレイ12台を連動させたデジタルサイネージシステム(電子看板)「トールビジョン」を開発し7月17日からJR仙台駅で実証実験を行うそうです。

で、

 このほか、トールビジョンでは、広告の効果を測定するシステムを搭載。視聴者の性別や年齢層を自動で識別する顔認識システムでは、時間帯による視聴者属性を集計できる。また、パンフレットラック用の重量センサーでは、パンフレットが減る量を自動で感知し、コンテンツと照合した効果を測定できるという。 DNPでは、これらのシステムを用いた屋外広告の効率的な運用を支援していくとしている。


おう、顔自動認識システムって未来的ー。
と思ったけど最近は常識になりつつあるようですね。
カメラとかでも笑顔の時シャッター切る、みたいな。

看板と目が合ったら「はい1名!」みたいな。

裏に交通量調査のおっちゃんみたいな人がいて、カウンター押してたりしてね。

パンフレットの減る量を計測ってのもすごいっすね。
こういう自動でカウントする機械って売れそう・・・。
銀行とかで出てくる整理券マシーンを改造して、パンフ配ったら・・・。
同時に顔認証もしたら・・・。
サンプリングとかの次のステップにも進めそうだなー。


はい、ぼんやり・・・と。

DNP、複数の方法で効果測定が可能なデジタルサイネージシステム発表--仙台で実証実験
スポンサーサイト



この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://noro0.blog25.fc2.com/tb.php/371-9bf89829

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

まいくろあど

ためしに貼ってみたよ。よろしければクリックしてみてください。

マップのテスト

ブログ内検索

今読んでるか読みおわったか

おまかせ

リンク

ブログセンター
人気ブログランキングへ
テクノラティ
にほんブログ村 ネットブログへ

ブログランキング【くつろぐ】
track feed のろのろウェブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。